読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語初心者17年目のkappiosaが(今更 (ー ー;))翻訳者を目指す日記。

英語苦手なkappiosaが、38歳から翻訳者を目指すブログ。

39歳に向けて、思うこと。

実は私、明日が誕生日で、39歳になります。
今日はメガネを新調したんですがね〜…視界がクリアになったのに驚いたとともに、自分の肌のBBAっぷりに度肝を抜かれました(ー ー;)ご丁寧にヘルペス付き(ー ー;)
これでも、肌だけはそこそこ褒められたモンだったんですがね…。
ともあれ、遂に30代最後の一年に突入です。

私の20代30代は…なんというかなあ、本当に、一言で言うとパッとしなかった、と言ったら、身も蓋もないんだけど。
というより、「パッとさせられなかった」が、一番あってるかなー。
21歳で、イギリスの美しさに感動し、英語に取り組むチャンスが巡ってきた私。でも、持ち前の無精さで勉強が続かず、ご多聞に漏れず「ダラダラでも、いつか喋れるようになるっしょ( ´ ▽ ` )ノ」精神で、あれから18年、Helloの後が続けられない、38歳の出来上がり。
そのくせ、いつかイギリスに留学するんだと言っていた私。18で正社員で就職していた会社を19歳で辞めて21歳で大学に入り直した私は、「最初の会社は1年で辞めて迷惑をかけた。だから、あと何年かでどうせ留学のために辞めることがわかっているんだから、就職はしない!」なんていって、貴重な、貴重な新卒カードをアッサリ放棄。
…当時は真剣にそう思っていたんだけど、折しも超のつく、就職氷河期。どこかで逃げの気持ちもあったんだと思う。
非正規で入った職場はそれなりに楽しくて、でもその時々のきっかけで辞めて、次のところも非正規ならすぐに決まったから、ずっと非正規畑。
さすがに焦って、31位だったかなー、一度、全く職種を変えて正社員になったこともあるけど、これも、自分の適性を全く無視して「門戸の広さ」だけで選んだから、すぐにダメに(これはちょっと別な理由もあるんだけど…)。
ありがたい事に、ずっと実家に住まわして頂いている私は、そんな甘ったれた生き方をしていてもなんとかなってきた。現実を知らず、生きてこれた。
そしてそこまでして行きたかったイギリスは…いろんな事情で結局行けてない。
そしてどうなったか?
見事正社員歴もろくにない、中年の、独身底辺非正規労働者の出来上がり\(^o^)/。
これだけ好き勝手やらせてもらったんだから、楽しかったといえば楽しかった。
ただ、世間知らずなりに、だんだん年齢が上がってくるごとに焦燥感は募ってきた。
今の職場、ここでもやっぱり非正規であることは変わらないんだけど、最後の退職交渉をした時に、上司に「39歳のうちに、勝負させて下さい!」と頭を下げた。
次に就くのは、正社員なのか、そうじゃないのかはまだ解らないんだけど…。
少なくとも、今までのように「その場凌ぎ」ではなく、「今後につながる」仕事を目指したい。
明日39歳を迎える今日と、38歳を控えた1年前と明らかに違うことがある。
少なくとも今は「未来志向」だという事だ。
そして、「英語にちゃんと取り組んでいる」という事。
私の場合…29歳の時と、39歳では、今の方が、未来は開けているんじゃないかな?

……

そう思わないとやってられない┌(; ̄◇ ̄)┘いう面も正直あるけどな。
でも、なんだかそんな気がするよ。
そんな気がしている間に頑張る。今度こそ、頑張るよ。

特に家族、特に両親。
自立の足がかりを掴んで、今度こそ安心させたい。

という事で、また、明日から頑張ります。

 

 

 

kappiosa、夏から放置していた美白シートマスクを装着しながら記す。

そばかす消えてくれー!